どこからが不貞行為なのか

どこからが不貞行為なのか 喧嘩するカップル浮気の概念は人によってそれぞれで、「キスをしたら」「二人で食事に行っていたら」などボーダーラインも人によって異なります。家庭があるのに、他の異性とデートを重ねていたら、パートナーに発覚してしまい、離婚を切り出されることになったという話もしばしば伺います。そんな場合、法律ではどこからを離婚の原因となる浮気や不倫というのでしょうか。

不貞行為は、性的関係があったかどうかが問題となる

法律では、離婚の原因となるパートナーの浮気を「不貞行為」と呼びます。判例では,不貞行為を「配偶者のある者が、その自由意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」と定義しています(最高裁判決昭和48年11月15日民集27巻10号1323頁)。ここでは,相手方の自由意思は問題になりません。つまり、パートナーと相手方との間に性的な関係があったかどうかが不貞行為として問われる部分になります。

しかし、不貞行為は人に見えるような場所で行われるものではないので、その関係を証明するのは困難です。週刊誌に写真を掲載された芸能人のように「一緒に食事をしていただけ」などの主張をされてしまったら、それ以上の追及はしづらくなります。では、どうやって性的な関係があったことを証明したらよいのでしょうか。通常、不貞行為を証明する直接的な証拠が存在するケースはほとんどありません。そこで、多くの場合、前後の状況で判断できるものを証拠として不貞行為を証明することになり、実際の裁判においても,そのような証拠に基づいて不貞行為の存在が認められています。

>不貞行為の証拠にはどんなものがあるのか

性的関係がなければセーフなのか?

性的関係がなければ不貞行為とは認められず,他にいかなる事由があったとしても,それらは離婚事由にはならないのか。

浮気は夫婦関係を破たんさせる大きな理由になります。性的関係があろうとなかろうと、パートナーに対する裏切りであることは間違いありません。そして、法律も、そんなに甘くありません。不貞行為が立証できなかったからといって離婚できないこともないですし、慰謝料を請求できないこともありません。

不貞行為はあくまで離婚事由の一つ。DVや生活費を渡さない、同居を拒否するなどの事由を併せることによって、認められる場合もあります。

大阪地裁が下した法曹界を揺るがす画期的判決

新聞やニュースでも大きく取りざたされたので知っている方も多いかもしれませんが、実際に、肉体関係がないにも関わらず「不倫」として認められた判決があります。
これは、2014年に大阪地裁が下した判決ですが、不貞行為を行ったと認めるべき証拠はなかったものの、「交際相手の女性の態度と夫の冷たい態度には因果関係がある」として44万円の慰謝料の支払いを命じたものです。
このことからも、肉体関係がないからと言って絶対に不貞行為にはならないとは言えず、今後もこのような判決が下される可能性があります。


赤瀬康明の不倫慰謝料請求によろしく

不倫慰謝料請求でお困りの方はこちらをチェック!

@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t