不倫慰謝料請求の事例集(請求事件)

ある日突然離婚を切り出された

ある日突然離婚を切り出された
ご相談者の情報
  • 女性
  • 30代
相手方の情報
  • 男性
  • 30代
  • 既婚
  • 会社員
交際期間 3年以上
弁護士の有無 無し
和解金 1500 万円
解決までの
期間
38日

※相手方とコンタクトが
取れた時点を
解決期間の
起算日とします。

夫から1500万円支払ってもうことで和解

相談までの経緯
夫から1500万円支払ってもうことで和解ご主人が同僚の女性と不倫しており、ある日、ご依頼者様は突然離婚を切り出されました。
色々な法律事務所に相談をしましたが、決定的な証拠がなく交渉が難しいという弁護士が多かったのですが、最終的には知人の方の伝手を通じて、当事務所にご相談いただきました。
事件解決の流れと弁護士に依頼した結果
不貞の証拠については、当事務所より証拠固めのアドバイスをさせていただき、その指示に従っていただいた結果、不貞を推認する証拠を獲得することができました。
その後、弁護士の介入により、ご主人から不倫の自白を取り、最終的には、ご主人から1500万円を支払ってもらうということで解決しました。

弁護士ポイント

不倫をしたのだから、慰謝料は必ず払ってもらえるはずだとお考えではありませんか。
実はそうではないのです。相手方や不貞相手に対して慰謝料の請求をした途端、口裏を合わせて、「不倫なんてしていない。」、「不倫をしたときにはすでに婚姻関係が破綻していた。」などと言い訳をしてくることがあります。
その場合には、こちら側が「不倫したという事実」を証明しなければなりません。
しかし、一旦慰謝料請求をしたことにより相手が警戒してしまい、そこから証拠集めをしようにも中々思うような証拠を収集することができません。そうすると、最終的に裁判で争ったとしても、証拠が不十分という理由で、慰謝料請求が認められない可能性があります。
だからこそ、証拠の収集と請求のタイミング、請求の額が大切になってきます。見切り発車で請求したり、過大すぎる額を請求すると、相手方が否定したり、態度が硬化してしまったりして、逆効果となる可能性があります。
つまり、この見極めを誤ると、本来取れるはずの慰謝料がとれないということも考えられるということです。したがって、この見極めができる弁護士こそ、ご依頼者様にとって最高の成果を上げることができる弁護士と言っても過言ではありません。

請求事件の事例一覧

@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 @ken7289t