慰謝料の相場

パートナーの浮気が発覚して、慰謝料を請求しようと思ったら、気になるのは金額ですよね。 慰謝料の算定には、刑事罰のような決まりも、金額表のような基準もありません。 一般的に、不貞行為の慰謝料の相場は50万円~300万円と言われていますが、慰謝料というのは、精神的苦痛に対する賠償金のこと。なので、これといった明確な計算式はありません。そのため、ご自身のケースだと、どれくらいの慰謝料がもらえるのか、いまいち分からないと思います。

裁判においても、当事者の事情を考慮して結論が出されます。 似たようなケースでも、特殊な事情があれば、金額は大きく変わってきます。
過去の判例などから、どの事例でも共通して考慮される事柄や、金額を左右する特殊性に照らし合わせて、大まかな金額の範囲を紹介していきましょう。

浮気や不倫の慰謝料に共通して考慮されること

浮気や不倫の慰謝料請求は、不法行為によって、精神的苦痛を受けたことに対して請求される損害賠償なので、その行為が、違法行為にあたることがまず大前提です。
そして、その違法の度合いが強ければそれだけ損害賠償の金額も大きくなります。 大きく分けると、次の3つの分類があります。

  • □離婚・別居どちらもせずに、夫婦関係を継続させる場合
  • □浮気や不倫が原因で、別居に至った場合
  • □浮気や不倫が原因で、離婚に至った場合

裁判では、離婚や別居に至らず夫婦関係を継続させる場合、慰謝料の金額は低めに算出される傾向にあります。
ただし、当事者間で合意が得られているなら、離婚をしない場合でも、高額となるケースもあり得ます。 具体的に考慮される事柄は次のとおりです。

離婚をするかしないか

浮気や不倫が原因で離婚をする場合、慰謝料の相場は100万円~300万円と言われており、離婚をしない場合には、数十万~200万円と言われています。

離婚をするかしないか しかし、本当なら離婚をしたいが、子どもの将来のために今は離婚するのを我慢しているという場合のように、離婚はしていないが、事実上、夫婦関係が破たんしていると認められる場合には、離婚をした場合と同様の金額が認められる可能性があります。

婚姻期間

婚姻期間が長いほど、不貞行為によって夫婦関係が破たんさせられる損害は大きいと考えられます。よって、慰謝料の金額も高くなる傾向があります。

年齢

不倫をしたパートナーと不倫相手の年齢差が大きいほど、年齢の高い方に主導権が強いと考えられるため、金額を左右する要素の一つとなります。

不倫や浮気が発覚する前の夫婦の関係

不倫や浮気が発覚する前の夫婦の関係が円満で良好であるほど、不貞行為によって夫婦関係が破たんさせられた損害が大きいと判断され、慰謝料の金額が高くなる可能性があります。

しかし、不倫が発覚する前からすでに別居状態であるなど、そもそも夫婦関係が良くなかった場合は、不貞行為によって夫婦関係が破たんさせられたとは言えないと判断され、慰謝料の金額も低くなります。 場合によっては、慰謝料の請求そのものが認められないこともありますので、注意してください。


赤瀬康明の不倫慰謝料請求によろしく

不倫慰謝料請求でお困りの方はこちらをチェック!

@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t