不倫慰謝料請求の事例集(被請求事件)

同級生の父親との不倫が発覚し、慰謝料請求された事例

同級生の父親との不倫が発覚し、慰謝料請求された事例
ご相談者の情報
  • 女性
  • 30代
相手方の情報
  • 夫婦
  • 30代
  • 既婚
交際期間 約1年
弁護士の有無 有り
和解金 70 万円
解決までの
期間
32日間

※相手方とコンタクトが
取れた時点を
解決期間の
起算日とします。

相手方は子供の同級生の母親

相談までの経緯
子供の同級生の父親と不貞関係になり、妻の代理人弁護士から慰謝料を請求されました。

相手方の弁護士から電話にて、「不貞を認めるのか、訴訟になってもいいのか。」と強い口調で言われ、ご自身で対応するのが怖くなり、当事務所にご相談されました。
事件解決の流れと弁護士に依頼した結果
相手方は子供の同級生の母親まず、弁護士から相手方代理人に対し、本人への連絡は一切しないことを約束していただいた上で、相手方夫婦は離婚せず、現在も同居していることが明らかなため、150万円という請求は高額に過ぎることを伝え減額交渉をし、請求額の半分以下まで減額することに成功いたしました。

弁護士ポイント

相手方に代理人弁護士が付き、突然「不貞行為はあったのか、この電話は録音しているので裁判になったら証拠として提出する」という電話がかかってきた場合、動揺してしまい、自分に不利な発言をしてしまうこともあると思います。

その場合は、余計なことは話さず、弁護士への依頼を検討するのがベストかと考えます。

被請求事件の事例一覧

不倫慰謝料の判例検索機(無料)
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 @ken7289t